医学部 臨床医学神経内科学Neurology

JapaneseEnglish

研究室HP

神内集合写真

1973年10月、廣瀬源二郎現名誉教授が、内科学講師として本学暫定病院であった浅ノ川総合病院内科へ着任した。翌年4月には助教授に昇任し、内科学神経内科主任として教室を主宰するとともに、現在の大学病院で本格的診療を開始した。1986年4月、主任教授に昇任し、31年と半年間の当学への奉職後に、2005年3月退任した。2005年6月、松井 真現教授が第2代主任教授として宇多野病院神経内科から着任した。大学院講座としては臨床神経学を標榜し、主な研究テーマは各種神経内科疾患の臨床病理、神経免疫疾患および神経感染症の病態解明と治療法の開発である。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211 +81-76-286-2211 / FAX: 076-286-3259 +81-76-286-3259 / Email: neurol@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 松井 真 神内代表者JPG

准教授

  • 長山 成美
  • 真田 充

学内講師

  • 中西 恵美

助教

  • 藤田 充世
  • 大野 美樹

主な研究業績

部門別研究業績

  • M. Fujita-Nakata, R. Tomioka, K. Tanaka, M. Nakanishi, S. Nagayama, R. Takahashi, T. Machiya, T. Hamada, M. Matsui.
    Intractable cough as characteristic symptom of neuromyelitis optica and neuromyelitis optica spectrum disoder. Mult Scler 22:576-577, 2016.
  • M. Matsui, Y. Shimizu, H. Doi, R. Tomioka, I. Nakashima, M. Niino, J-i. Kira.
    Japanese guidelines for fingolimod in multiple sclerosis: Putting into practice. Clin Exp Neuroimmunol 5: 34-48, 2014.
  • M. Kaito, S-i. Araya, Y. Gondo, M. Fujita, N. Minato, M. Nakanishi, M. Matsui.
    Relevance of distinct monocyte subsets to clinical course of ischemic stroke patients. PLOS one 8: e69409, 2013.
  • N. Hashiba, S. Nagayama, S-i. Araya, H. Inada, Y. Sonobe, A. Suzumura, M. Matsui.
    Phenytoin at optimum doses ameliorates experimental autoimmune encephalomyelitis via modulation of immunoregulatory cells.
    J Neuroimmunol 233: 112-119, 2011.
  • M. Matsui, M. Tahara, M. Tanaka, K. Tanaka, M. Matsui, T. Konishi. CD8+CD11ahigh cells decreased in multiple sclerosis but not in neuromyelitis optica. Eur Neurol 63: 159-163, 2010.

主な外部研究資金

  • 厚生労働省 難治性疾患等克服研究事業(難治性疾患政策研究事業) エビデンスに基づいた神経免疫疾患の早期診断基準・重症度分類・治療アルゴリズムの確立研究班 .2014〜(研究代表者:松井真)
  • 文部科学省 科学研究費補助金 ガレクチン9抗体を利用した多発性硬化症モデル動物におけるアレルギー反応関与の解析(萌芽研究).2005-2006.(研究代表者:松井 真)
  • 京都大学ウイルス研究所 ウイルス感染症・生命科学共同研究 実験的自己免疫性脳脊髄炎におけるTBP-2発現修飾による免疫制御の試み.2011.(研究代表者:長山成美)